HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>にゃんこ

あの子猫は今…。


先月、相方が子猫を拾ってきてから、
早いものでもうひと月余りが経ちました。

あいにく猫風邪はまだ完全には治りきってなくて、
投薬とか目薬とかはいまだに継続中なのです…。
一応ゆっくりと快方には向かっているのですが、
それでも一時期の、入院すれすれの状態に比べれば、
かなり元気に、そしてグングンと成長しましたよ♪

↓GW中に撮影。生後一ヶ月ちょい?


この時期の子猫って、
おなかがコロンコロンで可愛いなぁ♪

(続きます)





そしてちょうどGW中の、風邪の症状も劇的に良くなったころ、
思い切ってシャンプーもしてみたんですよ。

保護した時がもうドロドロな状態だったんですが、
体力のない時期&週齢だったため、毎日被毛を拭いてあげる事しかできなくて。
でもこれだと完全には綺麗にできないし、
何よりニオイ(=生ゴミに近い悪臭)も取いきれなかったんですよね~


…で、いざシャンプーして乾かしてみたら…。
↓なんとこのコ、長毛ホワホワさんだったのです!

090505_02.jpg


いや~ これには正直たまげました。


しかも猫大好き♪な獣医さんによれば、
メインクーン(ブラウンタビー?)とキジトラ(和猫系)のMIXじゃないか?
とのことで、ますます飼い猫の生んだ子猫(を捨てた)!?
な疑惑が…。

だって保護した時点で、耳ダニやノミのみならず、
おなかに寄生虫すらいなかったんですよ…。
(これにはさすがに驚きました! あり得ない!!)
つい先日チェックして頂いた時もやはりいなかったんで、
元々、寄生虫のタマゴすら持ってなかったという事ですよね。

うーん、お母さん猫は箱入りのお嬢様だったのかな??


また保護時はまだ離乳もできてなかったみたいで、
お皿からミルクを飲むこともできず、
ましてや離乳食も自力でうまく食べられなかったのですが…。
こちらも根気よく克服して、今では食欲モリモリです。

↓毎日元気いっぱい♪
090505.jpg


そして基本的には先住猫と隔離生活なのですが、
そのおかげもあってか、今のところは先住猫ズも大丈夫です~

これが実は一番の心配の種で、隔離するとはいっても狭い家ですし、
子猫に接したあとは手洗いと着替えを徹底しておりました。
(注:これでも完全にうつらないという訳ではないだろうし、
先住猫のいる場合はやはり拾わないほうがいい!と思います)



090505_04.jpg

体重も400gから740g(25日現在)と、ほぼ倍になったし、
なんとか順調に成長しているんじゃないかな?

なにはともあれ、元気になってくれて本当に良かった…。


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。